ショットバーで声をかけてきた女

しげるさん(35歳 男性 神奈川県 会社員)の逆ナンパエッチ体験談です。


行きつけのショットバーで飲んでいると、見かけない顔の女性が店に入ってきました。なかなかの美人です。

僕がじっと彼女のほうを見ていると、彼女のその僕の視線をとらえて顔にふっと笑いながら、ウィスキーの入ったグラスをもってこちらにやってきました。

「私なんかに色目使って、ずいぶんあなたもお暇のようね。一人?」

「きみも?」

「そうよ。いっしょに飲みましょう」

ちょっと歳はいっていますが、なかなかの美人です。僕たちはそれから1時間あまり飲み続けました。

「外の風に当りたくなったわ」

その彼女の言葉に、僕たちは席からたちあがりました。その拍子に彼女の体がぐらりとゆれて、思わず僕は腕をのばしてその体を支えてやりました。

「ちょっと酔ったみたい」

そういって彼女は、腰を、そしてちょっとひねって下腹部を、ぐいぐいと僕の下半身に押し付けてくるのでした。その際Vゾーンの窪みが当たって僕に、

じゃりじゃりした体毛の感触が伝わってきました。

「タクシー拾ってちょうだい」

いわれるままに僕が拾ったタクシーに二人でのりこむと、彼女がこのときはしっかりした口調で、

「近くのホテルまで」と運転手に告げました。

ホテルの部屋に入ると彼女は、またしても酔ったみたいと言いながら、僕に体をあずけてきました。

僕たちは重なりあいながらベッドに倒れこむと、彼女がスカートのあしをひろげて僕の腰に絡みついてきました。

僕は気をつかって彼女から衣服をぬがせていきました。下着一枚のこして裸になった彼女の肉体は、衣服の上からは想像もできないくらいセクシーで、

肌にくいこむ短いパンツがまた、ことのほかエロチックに映りました。


PAGE TOP